お茶のおけいこ(表千家流)

お茶室での、表千家流の茶道のお稽古(おけいこ)です。
何かと気忙しい日常の喧騒(けんそう)から少し離れて、静かな空間で
心穏やかに一服のお茶を味わってみませんか。

「茶道は敷居が高い」「難しそう」と言われたりもしますが、
わたしにとってのお茶のおけいこは、五感を澄ませ、心がやわらかくなり、自分の中心に帰るひとときです。
お稽古の前には、呼吸を整える短い瞑想をして心を落ち着かせていきます。この瞑想のひとときをご一緒することも、私がとても大切にしていることです。

おけいこの内容

先輩のお点前(おてまえ)を拝見しながら、
まずはお茶やお菓子のいただき方、茶室でのお客作法をお稽古していきます。
割り稽古、基本のお点前と段階を進んでいきます。

お茶のお稽古に通うようになってから、日常の所作(しょさ)が美しくなったり、
周りへの気遣いも自然とできるようになったり、暮らしの中におけいこが生きるエッセンスがたくさんあります。

季節ごとのお菓子や花も、お稽古のお楽しみになります。

お稽古の年数に応じて、表千家の相伝(お免状)のお取次ぎもさせていただきます。
京都大徳寺のお茶会、お茶会やお献茶式、和菓子作りなど、お稽古を通して出逢えた仲間との、楽しい行事もあります。

お稽古に必要なもの

懐紙入れ(懐紙、菓子切り、扇子)ふくさ(表千家流)

お稽古に参加する時の服装、身だしなみ

・お洋服でも着物でも、ご参加いただけます。
(お洋服の場合は、白い靴下をお持ちください)
・お洋服の時は、正座をしますので、長めの丈のスカートが座りやすいように思います。
・アクセサリーや時計は外して、髪の長い方は結びます。
・お茶のお稽古やお茶会では、マニキュアはNGですが、おしゃれな女性が多い稽古場ですので、ご本人の判断にお任せしております。(お茶会の時には、落としてご参加ください)

お稽古料

・お稽古代は各お稽古場によって異なります。お問合せ下さい。(自宅お稽古は学生料金有)

お稽古場

・表参道教室(会員制 第1日曜日14時30分~/16時15分~)
・おけいこサロンマーリエ(横須賀市拙宅おけいこスペース)
スケジュールはお知らせをご確認下さい。現在、金、土曜日開講)